歯科用CT・パノラマ・放射線量

3Dへの対応ソフト標準採用

3Dへの対応ソフト標準採用 北谷歯科クリニックMPR(Multi Planar Reconstruction)は歯科用CT撮影により取得したZ軸スライスデータを再構成し、正面及び水平断面を生成し、求められる位置のスライス面を求める方向で見ることのできる機能です。
3種類の断面に該当する、それぞれの軸を移動させることにより、求める位置の断面が確認でき、また軸の回転機能を利用すると、座標軸に対し垂直ではない方向の断面も確認することができます。

放射線量について

放射線量について 北谷歯科クリニック